あのさ、会社に定年退職するまで勤めあげる人ってどういう頭してんのかな??

雑記

どうも、奴隷のぜろでございます。

この度問題提起したいことは、タイトルの通りでございます。

あのさ、、、

Left Caption

ぜろ

会社に定年退職するまで勤めあげる人ってどういう頭してんの??

※これは決して会社で定年退職するまで働く人を馬鹿にしているわけではありません。むしろ、尊敬すらしているからこそでる疑問でございます。何卒不快な思いをなされぬよう。

私は今社会人3年目でしてね、60歳を定年だとしてもあと35年くらい働かねばならないのだけどもね??もうしんどいんだよね?

となるとね?
なぜ定年退職まで働くことができるのか?という疑問がね、私の心のうちより、生まれいずった訳です。

だって私は社会人を2年間しただけで、限界を感じているのですが??
定年年齢を希望的観測をもって60歳といたしましても、あと約35年。
現実的観測をすると、70歳(約40年働く)。絶望的観測をすると、80歳(約50年働く)。

あれ?会社で定年退職するまで勤めあげるって無理ゲー?
定年前にドロップアウトする未来しかなくね?としか思えない。
だって、あと35年~50年ですよ??私なんていま25ですけど、いままでの私の人生なんかよりもうーーーんと長い間働くのですよ??

こちとらたった6年しかない小学校でも、高学年の頃に「小学生飽きたわ~」とか思ってたんですぜ??

どう考えても、もつわけがない。

だから、今回はね、「会社で定年退職するまで働ける素質とは何か?」ということをね、考察してみようと思う。

※今回考察するのは、「゛会社゛で定年退職するまで働ける人」であって、ホリエモンみたいな実業家とかは除きます。

会社で働くということにマイナスイメージがない

結局これな気がする。だって、会社で働くということが、たとえば奴隷のように感じたりしなければ、やめたいとも思わないはず。

自分の時間を奪われているとか、株主に搾取されているとか、会社で働く負の側面に気がつかない人、もしくは気づいてもそれでも会社で働くほうがメリットがあると感じる人。

つまり、トータルで会社で働くってことも悪いことじゃないじゃん?とか思える人は定年退職まで働くことができると思う。

そう思えない人で実力のある人は、起業したり独立したりアーリーリタイアしたりしていく。

そう思えない人で実力のない人は、うつ病になったり精神を病んだりしていく。

んじゃないかな?多分。

忍耐力がある

これ絶対必要だと思います。
だって、会社で働くのみならず生きる上では、必ず自分の理想と違ったり、意にそぐわないことってあるわけだから。
そういうときに、忍耐力がないと、すぐにドロップアウトしちゃうから。

「会社で働く」ことは特に忍耐力が必要になる。会社という縦組織においては、自分の意思ではどうにもならないことの方が多いからだ。時には理不尽な目にもあう。

でも、それをたとえば「家族を守るため」とか「やりがいのある仕事ではあるから」とかで、なんだかんだ我慢できる。乗り切れる。

そういう人は、会社において強いと思う。

人に従うことが著しく苦ではない

人に従うことが著しく苦ではないっていうのも、大切だと思う。

逆にこれが嫌な人たちは、経営者になったりフリーランスになったりしていく傾向にある(と思う)。

会社で働くというと基本的には労働者なわけだから、下っ端は先輩に、先輩は上司に、上司は社長に、社長は株主に従わなければならない。

つまり、会社で働くことには、何かしら人に従うという場面がついてまわる。
納得できることならだれだって従うけど、時には納得できないことにも従わねばならない。

これがそこまで苦ではない人、もしくは上にあげた忍耐力で乗り切れる人は会社で働ける性質を持っている。

「なぜ?」思考ではなはなく、「どうやって?」思考の人

すぐに「なぜ?」と考える人は、会社員生活に向いていない。会社においては、「そんなこと意味あるのか?」と思うことでもしなければならないことがある。

それに対して、「なぜ?」と自分に問うて、その仕事の意味や意義を考え出してしまうと、キリがない。
そして、大抵の場合その仕事の価値や意味が見いだせない。そうなると、モチベーション駄々下がりなうえに、まるで会社すべてが茶番劇のように感じてしまう。

つまり、「なぜ?」思考の人は根本的に、会社で働くことに向いていないのだと思う。

◆◆◆◆

逆に、「どうやって?」思考の人は、余裕で会社で生きていける。

指示や命令に対して、「どうやってそれを達成しよう?」とか「どういうやり方があるかな?」とか考える人は、会社員向きだ。
私の会社でも、「どうやって?」思考の人のほうがうまく楽しく働いているように思う。

そして、そっちのタイプのほうが確実に出世もしている。

これはすごく簡単な話で、自分が経営する側だったして、「自分(=社長)が言ったこと」に対して、「なぜ?」といちいちつっかかってくる奴よりも、「わかりました!どうやるか検討します!」と言う奴の方が、普通に考えて印象がよい。

ただそれだけの話。

おわりに

やっぱり、自分は絶望的に会社員生活に向いていないと思う、今日この頃。

でもだからといって、「独立ぅ!フリーランスぅ!起業ぅ!」のルートを歩めるほどの実力もないし、努力もしていない。つまり、精神病むルートまっしぐらなのです。

結局この記事をかいてわかったことは、

Left Caption

ぜろ

かーっ、つんだわーっ。まじ私の人生つんだわーー

ということ。

あと、私は全然思考力がないなということ。

なんて浅い考察しかかけないのだろう。思考停止していきてきたことがばればれ。

ほんと自分に絶望した。

雑記

Posted by ベリアル