全身脱毛して「心のそこから良かったと思ったこと」5選!【50万使ったけど、一片の悔いなし】

医療脱毛, 脱毛に関する基礎知識

全身脱毛してみたいけど全身脱毛すると、どんなメリットがあるの?

という方向けに、

全身脱毛済みの私が

全身脱毛して、実際に感じたメリット
●心の底から良かったこと

を語る記事です。

最初に言っておくと、私は脱毛に約50万ほど費やしましたが、1 mm も後悔していません

それでは、早速語っていきます

【1】20数年悩み続けたコンプレックスから解放された

一番嬉しかったのは、生まれてから20数年、ずっと悩み続けた【毛深い】ことへのコンプレックスから解放されたことです

そもそも私が全身脱毛をしようと決意したのは、毛深いことで苦しい思いをしていたからです

他人から受けた毛深いことに対する仕打ちは、こちらの記事で書いていますが、何より毛深い自分というものを自分自身が一番嫌っていました

  • 毛深すぎて、気持ち悪い
  • どうして私だけがこんなに毛深いのか
  • 普通の女の子みたいに生まれたかった
  • 自分の腕や体に生えた剛毛を見ると、本当に生きていて辛い

毛深かった頃の私はこのような思いを日々抱えていました

足を出す服も腕を出す服もきることもできず、ひたすら肌の露出を避ける服ばっかり着ていました

「いやいやそこまで気にするなら毛を剃ればいいじゃない」

と思うかもしれません

でも、毛の薄い人にはわからないかもしれませんが、私レベルの毛深さになると剃ったところで青いポツポツみたいになるだけで、全然きれいにはなりません

「じゃあ除毛クリームでも使えば?」

ということで除毛クリームを使ったこともありましたが、綺麗なのはせいぜい1日か2日。3日目くらいからは徐々に毛が生え出して気がつけば、元通りで、毛が生い茂る状態

https://4.bp.blogspot.com/-ZKWyY7POYx0/VOsJYUY99OI/AAAAAAAArm4/7Gz_De06rIk/s800/kebukai_man.png
さすがにここまでひどくはないけど!

結局、毛を剃ることも除毛クリームも、根本的な解決に繋がらないので、毎日続けることがとても苦しかったです

でも社会人になって全身脱毛をして、何ヶ月経っても腕や足などあらゆる部分に毛が生えてこない状態になって、初めて

毛深すぎる苦しみ・毛深いことへのコンプレックス

から解放されました

全身脱毛をしようと考えた当初は、脱毛についての知識がゼロだったので、

  • 本当に効果があるのか
  • 私みたいな毛深い女でもツルツルになるのか
  • 除毛クリームみたいに一過性の効果なんじゃないか

などなど様々な不安がありました

それでも、

「毛深いことへの苦しみから解放される可能性があるなら、チャレンジしてみよう。これでダメなら諦めよう」

決心した人のイラスト(女性)

そういう決意を持って脱毛に臨みました。(脱毛について色々調べる中で、医療脱毛は、決して一過性のものではなく私のような毛深い人間にもきちんと効果が得られるということは、分かったのですが)

そして、全身脱毛を終えて、自分の腕や足などに毛が生えていない状態がデフォルトになり、

「どうしてもっと早く医療脱毛しなかったのだろう」

と、後悔をしました。こんなに簡単に、20数年抱えてきたコンプレックスが解消されるとは思ってもみませんでした。毛深いという事実は、自分が一生背負わなければならない”業”かと思っていましたが、実は、お金で解決できる問題だったのです。

【2】自己受容感が上がった

毛深いことへのコンプレックスが解消されたことで、以前よりも自己受容感が上がりました

以前は

  • 毛深い自分が女らしい服を着る資格はない
  • 女として生きるのは無理
  • お前なんて何をしたって無価値だ

そういう思いを、自分自身に抱いていました

でも医療脱毛して全身がツルツルになって、

  • スカート履いてみよう
  • 夏はノースリーブのワンピースを着てみよう
  • 髪型ももっと女子らしくしてみよう

そういった建設的な思考や行動ができるようになっていきました

コンプレックスが解消されたので、当然といえば当然ですが、結果として、毛深かった頃よりも、自分を認められるようになりました。医療脱毛によって、メンタル面に影響が出るとは思っていなかったので、個人的には驚きました

【3】肌が綺麗になった

医療脱毛すると肌が綺麗になりました

https://3.bp.blogspot.com/-e1fFAGLQaq4/UzAK7QZqsPI/AAAAAAAAea4/gepz0wMfmkQ/s800/biyou_tsurutsuru.png

より正確に言うと、「肌がきれいに見えるようになった」です

毛深かった頃は、毛を剃らなかったらもう見るに耐えないくらい両津勘吉の腕のような、状態でした↓

また、たとえ毛を剃ったとしても、結局【 毛を剃る=毛を短くする だけ 】なので、毛穴に埋まった部分までは取り除けません。なので、毛を剃っても、黒いぶつぶつがある肌になるだけで、綺麗な肌には見えませんでした

その上私は敏感肌だったので、カミソリ負けする・肌が荒れるなど、肌トラブルのオンパレードでした

しかし、医療脱毛は、毛が生えてこないようにする仕組みなので、毛を剃るのと違い、黒いぶつぶつも残らず毛穴レスの肌みたいにみえます

医療脱毛直後はかゆみ赤みなどは一部ありますが、それらが引くと見違えるような肌になりました

【4】着られる服が増えた

肌が綺麗になったので、着られる服が増えました

具体的には

ワンピース
スカート
ノースリーブシャツ

など肌を出す系の服を、自信をもって着られるようになりました

特に、背中やうなじなど、今まで自分では見えなかった部分・処理が難しかった部分も、脱毛して綺麗になったので、遠慮することなく肌を出すことができます

女子らしい服が自信を持って着られるようになり、脱毛前よりも、おしゃれをするのが楽しくなりました

【5】毎日・毎週・毎月の無駄な毛を剃る時間がなくなった

最後に、毎日・毎週・毎月の無駄な毛を剃る時間がなくなったのがとても嬉しかったです

毛を剃るのって地味に時間がかかります

私の場合、見える部分(腕・足・ワキなど)だけでも綺麗にしようとすると30分かかっていました

しかも毛って、そったとしても確実にまた生えてきます

つまり、【 生えてきた→剃る 】という作業を、延々と繰り返さなければなりません

まるで賽の河原で石を積んでいるかの如く、

  • どうして毎日こんな意味のない作業をしなければならないのか
  • これはもはや拷問ではないか

と思って、毛をそっていました

でも全身脱毛をしたら、毛を剃る必要はなくなります

一週間に20分の毛を剃る作業を60歳まで(約40年)行うとします

一年は、約52週なので、

●30分✕52週=1560分

これを40年繰り返すとしたら、

●1560分✕40年=62400分( 約1040時間 )

も毛をそることに費やすことになります

日数になおすと、、、

43日!

つまり、一か月半もの間、毛を剃りつづけるという計算になります

これが拷問でないとすれば、何が拷問なのでしょうか

しかし、全身脱毛をして、これらの時間を節約することができるようになったので、効率厨のわたしとしては、大変満足です

え? どうせ寝てるだけだろって??

毛をそるくらいなら、寝てるだけのがまし!!!

今回の内容まとめ

最後に、内容をまとめます。

私が、全身脱毛をして、心のそこから良かったと思ったことは以下のとおりです。↓

【1】20数年悩み続けたコンプレックスから解放された
【2】自己受容感が上がった
【3】肌が綺麗になった
【4】着られる服が増えた
【5】毎日・毎週・毎月の無駄な毛を剃る時間がなくなった

脱毛にかかったお金は、決して安くはありませんでした。ただ、お金をかけて後悔は一ミリもしていませんし、もし来世も人間に生まれたら、また脱毛にお金を払うと思います

  • 脱毛ってこわい
  • お金がかかる

と、なかなか勇気がでないこともあると思いますが、私は「絶対脱毛したほうがいいよ!!!」と心のそこからおすすめいたします

世の中には、お金では解決できない問題がありますが、お金で解決できる問題は、お金で解決したほうが断然楽です

それではまた〜